MADE  IN U・S・A
Ladies Size
のBoots製作顛末記

妻・責任編集!!
セミドレスを作れ!!
こんにちはTOMEの相方(妻)です。
我が家でUNION MADEが開店しておよそ1年半
ブーツのことには全くど素人だった私。
じつは興味もほとんどありませんでした。

最近色々なお客様のブーツが仕上がってくるのを見ていて
「White'sのブーツってかっこいいじゃん!!」と・・・。
1週間前TOMEさんに「セミドレスオーダーしたいんだけど」
と、注文を入れてみました。
TOME(以下T)「まじで??」
私(以下U)「まじだよ。Ladiesも作れるんだよね」
T「作れるよ。」
U「じゃ作ってね」

と言うことで急遽私のブーツをオーダーすることになりました!
やったね!楽しみだ〜!
               
9月30日金曜日 晴れ 

まずはブーツの種類を決めるとのこと。

T「Whit'sのどのタイプにする?」
U「どんなのがあるの?」
T「セミドレス・スモークジャンパー・フォレスター
  あとはカウボーイかな」

U「かっこいいのがいいなー」
T「どれもかっこいいけど」
U「どれがお勧め?」
T「まずはセミドレスがいいんじゃない?
  気に入ったら次は他のタイプとかにすれば
  いいじゃない。」

U「う〜ん・・そうね。」(・・2足目も作っていいらしい^^!)

次は革の色と素材の選択
T「色は何色?」
U「茶色がいいな〜。うん茶色、上品でしょ。」
T「茶色と言っても沢山有るよどれ?」

沢山あるサンプルの革を見せてもらう。
んーーーー悩むなーーー明るい茶色もいいけど
濃いやつもいいなー一番悩むところですね。
明るい茶色や赤茶も良かったのですが
少しハードなイメージのこげ茶に決定!!

次は革の素材。
これはプロのTOMEさんの助言に従おう。
と言うことでWater  Buffaloの革に決定。
TOMEさん曰く
「柔らかくて履きやすいよ。レギュラーの革や
 Foresterほど
 ハードじゃなくて女性向かな。
 表面の独特のシワの表情がパンツでもスカートでも
 合うんじゃない?」

・・・といっても私はほとんどスカートははかないんだけどね。

さて次は(決めることが沢山あるのね)ソールだ。
靴底にしてもTOMEさんに意見をもらう。
(私には全くわからないのさ。#なんとかかんとかと番号で
 言われてもさっぱりなのである・・。)
T「#269ソールにしよう。
  革底ではすべっちゃうからね。
  といってコンポジションソールよりも薄くシャープな
  ソールだから。
  Ladiesの靴全体のサイズからしてゴムが厚いとより
  厚く見えちゃうから、一番いいでしょ。」


ほほーーなるほどね。ここら辺はさすがにプロですな。
Tomeさんが頼もしく思えた一瞬である!!
がしかし、よく内容はわからず・・。ただ滑らないと言うことで
意見が一致。満足である。だって危ないもんね!
10月1日土曜日 晴れ

本日はサイズの測定 オーダーを作りまーす。
サイズ測定はブーツを履く時の靴下を履いて計ります。
もちろん私はTOMEさんに計ってもらいますが、
出来れば測定は他の人に計ってもらうのがいいとの事。
より正確な数字が出るそうなので。
足のアウトラインと3箇所の足の周りを測ります。

T「やっぱりアジア的な足型だね。
  甲は高くないけれど幅が少々広めだね。
  窮屈にならない余裕と、先々履いていく上で
  中敷のクッション性があったほうが楽だから
  中敷を使用するのを前提にサイズの
  判別をするよ。」


 幅が少々広めとは・・。なるほど・・。つるしの靴を
 買ったりすると小指の横の骨のところが少々
 あたって痛いことがよくあったので、納得。
 せっかく買った靴もサイズが合ってないと
 いつの間にか履かなくなったりするんですよね〜。
 いやーーもったいない!

 もうひとつTOMEさんから聞いたのですが、
 アメリカの靴は幅がとーーーっても細いらしい。
 というかアメリカ人は幅が細い靴をはくらしいのです。
 アメリカにこちらで計ったサイズ測定を送って
 サイズを選定してもらうと恐ろしい靴が出来上がって
 来るらしいのです。とても日本人には履けないらしい。

 TOMEさんが言うには、このサイズ選定が一番
 難しいそう。
 ここがオーダーで作る難しさ。
 でもピッタリのサイズで作ってくれるので
 楽しみです!

着用しているのはGLORYのレーシングセーター
暖かいんですよ!!
10月8日(土)
1週間の仕事も終わり!!
今日から3連休ですよ!うれしいですね〜。
ということで1週間たっても私のブーツ熱は冷めずです。
飽きっぽいB型の血液型なので2ヶ月もの間に
違う色も欲しくなったりしないか心配だったりします。

1泊のスケジュールでTOMEさんが出張でいなかったので
本日いろいろとブーツについてレクチャーいただこうと
思っております。

まずは、なぜ計測してオーダーするのか?という素朴な疑問
だって他の靴のサイズはわかっているんですもの。
私の場合は23.5もしくは24.0のサイズ。
靴によっても違うのは分かるのですが・・。面倒くさがりの
私としては23.5くらいを選んでおけば間違いない!としています。

U:「他の人もそうだけれどどうしてそこまで細かく計測するの?」
T:「靴のメーカーとモデルによって木型が違うからね。
  そこで足のサイズを立体で把握してどこにポイントを置くか
  決めて気持ちよく履けるサイズを決めるためだよ。」

U:「ほほーなるほどね。」
T:「気持ちよく履けることが一番大事だからね。
U:「じゃあ一回計ったら2回目からはいらないんだよね。」
T:「1年くらいだったらそのままだけれど3年くらいたったら
  もう一度計ったほうがいいね。
  人間は体形が変わるからハーフサイズくらい変わること
  はよくある事だから。太ったり痩せたりするでしょ?
  もう一度計るのがベストだよ」

U:「じゃー私もう太れないって事??」
T:「太るつもりなの?!」
U:「そのつもりは無い!・・・かな?」

次回はパーツについて教えてもらおう!
と言うわけで・・・つづく!! 

←こちらの写真ブーツが届いてからのです。
 ブーツを履いて自慢気です。 

11月5日(土)
久しぶりの記事の更新です。
私も割合と忙しかったりするんです。(言い訳)
でも楽しみにしているんですよセミドレス。
早く来ないかなーーー。

おっとそうそう。今回はパーツについてのお話でした。
パーツって言うのは靴底のことらしい。
#269と言うのが私のブーツのパーツです。
これは革底にゴムのパーツを縫い付けている物です。
貼ってあるだけではなくって縫い付けているってすごいな〜
革底だけだとすべるんですよね。
特に私の場合チョット足をあまりあげないで歩くので
靴底が減りやすい。革だとすぐダメにしちゃうかも・・。
それにあまり厚くないので女性やあまりごっつくなく
はきたい人用だそうです。

実はTomeさんから「君のセミドレスそろそろ届くかもよ」
と言われました。丁度同じ頃頼んだお客様の分が
来週届く予定があるとのこと。
って言うことはついに私もWhit’sデビュー??
私のブーツも来週届くといいな〜

楽しみにしつつ次回は履いたよ報告が出来るかも!!

つづく!


↑がMY BOOTSです!!
かっこいいでしょ(笑)

【報告!!】 2005年12月2日
待つこと2ヶ月・・・・。
届きました!White'sセミドレス!!
昨日Tomeさん受け取りました。
早速足を入れてみました・・・・。
いいですね〜ピッタリですバッチリです最高です〜
やっぱりTomeさん、ジャストのサイズをチョイスしてくれました。
高さも幅も丁度良かったです。大満足です。
いつもプライドを持ってこの仕事をしている姿に
改めてなるほどと思いましたね。
やっぱりプロフェッショナルなんだね〜。
惚れ直したよ(うそ!)

実はちょっと重くて履きづらいかな〜と心配だったのですが
そんなことはなかったですね。
丁度いい重さというかまだ外では履いていないのですが
疲れない重さのようですね。
それに紐を縛るのが大変かな・・・と思っていたのですが
そんなに大変じゃなさそうです。

ジーンズにも相性のいいこげ茶なので
これから何にあわせようか楽しみです。

おろすのは日曜日にしようと思っています。
これからどんどん履き込んでいい味を出していきますよ〜!
レースアップのブーツは初めてなのですが、
それほど面倒でもなくはけますね。
フックで上は止めるのですが、チャッチャッとフックにかける
作業がなんだか快感です(謎)
ギザギザ(なぜか家ではそう呼んでいる)フォルスタンはあってもなくてもよさそうです。
有った方が高級感がますような気がしますが。

この革は、履くほどにいい味わいになるそうです。
履きこむ楽しみのある靴です!!
今後、履き込みレポートをお届けしたいです!
今回はジーンズで写真を撮りましたが、今後
スカートなどでも合わせていきたいですね。
ちなみにこちらのジーンズGLOLYの1955。サイズは極秘です。
ちょっと裾が長めなのですが、ブーツには丁度いいです。
ソールが厚いのでとっても背が高くなった気がします!!

GLORYの商品はこちらからご覧になってください。
レーシングセーターもかっこいいんですよね!
髑髏マークですが、女性にも自然に着られますね。

んー今気がついたのですが私のワードローブはほぼ
UNION MADE で揃っている・・・。
といっても新作が出るたびに「これ着るねっ」と
自分用に確保しているのですが・・・。
便利なもの、消耗品もあります
リペアについてはこちらから
オーダー・お問合せはこちらから
こんな流れでやってます
how to order
快適な履き心地のために
サイズ選びのページはこちらから
一目瞭然の
修理の実例ページ
UNION MADEのトップページへ